リニア・鉄道館の蒸気動車,ホジ6014が国の重要文化財に指定

リニア・鉄道館の蒸気動車,ホジ6014が国の重要文化財に指定

JR東海は,リニア・鉄道館において開館時から展示されている蒸気動車ホジ6014が,文化庁の文化審議会答申(2019年3月18日)を受け,JR東海所有の車両として初めて重要文化財(美術工芸品)として指定されたと発表した.
 ホジ6014は,全長約15m,定員80名で,1913(大正3)年に汽車会社製造株式会社で製造された.蒸気動車は,客車の片側に小形蒸気機関車と同様の走行機能を備え,単車運転を可能にしたもので,明治30年代後半から昭和初期にかけて,都市近郊や地方の非電化・閑散線区で使用され,当時は「自働車」,後に「汽動車」と呼ばれた.
 文化審議会からは,「現存唯一の蒸気動車であることに加え,蒸気機関,動力伝達機構,台車,台枠,車体などの保存状態が特に優れ,鉄道史,科学技術史上等の研究上に価値が高い」として評価されている.

写真:JR東海のニュースリリースから

2019年3月19日掲載