東武池袋駅で「川越特急」の出発式開催

池袋駅で「川越特急」の出発式開催

東武鉄道では,2019(平成31)年3月16日(土),池袋駅において「川越特急」の出発式が開催された.

 「川越特急」は,3月16日(土)に実施されたダイヤ改正で導入された新種別で,池袋—川越間を最速26分で結ぶ.下りは池袋→小川町間,上りは森林公園→池袋間で,土休日は下り2本・上り4本,平日は下り2本・上り3本が運転される.停車駅は池袋・朝霞台・川越・川越市・坂戸・東松山で,東松山—小川町間は各駅に停車する.50090系を使用し,クロスシート状態での運転ではあるが,特急料金は不要となっている.

池袋駅で「川越特急」の出発式開催

 初日は初列車に森林公園検修区所属の50090系51092編成「池袋・川越アートトレイン」が,下り2本目に50090系51095編成がそれぞれ充当された.

写真はいずれも編集部撮影(取材協力:東武鉄道)