広島駅新駅ビルの概要が決定

広島駅新駅ビルの概要が決定

JR西日本では,JR西日本不動産開発,中国SC開発,ジェイアール西日本ホテル開発と共同で検討を進めていた,広島駅新駅ビルについて,概要を発表した.

 同駅ではこれまでも橋上・高架下施設「ekie(エキエ)」や,新幹線コンコースの整備を実施しており,2025年春の開業を目指して,駅ビルの建替え計画を推進する.
 新駅ビルは,鉄骨造りの地上20階・地下1階,高さ約100mで,フロア構成は商業施設・ホテル・駐車場を予定している.特に駅ビル2階の路面電車が進入する空間は,広島駅中央口改札や新幹線口改札から段差なくフラットな移動が可能で,駅と歩行者空間,商業施設が一体となった魅力的な空間とする.また,駅ビル1階に整備される駅前広場とも接続し,利用しやすい公共交通ネットワークを形成する.

広島駅新駅ビルの概要が決定

 商業施設は,店舗面積約25000㎡のショッピングセンターとシネマコンプレックスを計画している.また,屋上などの広場を活用し,にぎわいや交流,憩いの場を設置する.ホテルは駅ビル高層階に,JR西日本ホテルズの新規ブランド「ホテルヴィスキオ」(400室規模)の開業を計画している.また駅北の「ホテルグランヴィア広島」とあわせて,国内外から訪れる利用客の多様なニーズに対応し,洗練されたデザインのホテルを目指す.駐車場は,駅ビル直結の約500台が収容可能な駐車場に加え,駅北西に約400台が収容可能な別棟駐車場も建設する.
 今後は,2020年3月末に現役ビルを閉館後,2020年4月から駅ビル建替え工事に着手する.

写真はいずれもJR西日本のニュースリリースから

2019年3月16日掲載