近江鉄道,3月16日にダイヤ改正を実施

近江鉄道では,2019(平成31)年3月16日(土)にダイヤ改正を実施すると発表した.
 今回の改正では,米原での東海道新幹線(下り)との接続を改善し,平日・休日共通で昼間時間帯の東京方面からの“こだま”との乗換え時間に余裕を持たせる.休日夕刻以降の米原発車時刻については,東京方面からの“ひかり”にあわせ変更し,それぞれ乗換え時間を7分以上とする.なお,休日の米原21:51発の列車は,貴生川行きとなり,改正前より1時間遅い新幹線でも水口方面へ行くことが可能となる.
 また,近江八幡駅での東海道本線との接続を改善し,平日・休日共通で昼間時間帯の京都方面行き新快速への乗換え時間に余裕を持たせる.あわせて,平日朝の列車を早め,長浜方面行きの列車との乗換えを可能とする.
 このほか,休日19時台の高宮—八日市間に1往復増便する.これにより彦根—八日市間のアクセスを向上させる.あわせて休日の夜時間帯に,日野—貴生川間に1往復増便する.
 サイクルトレインについては,平日・休日ともに水口石橋での自転車持込みを可能にする.これにより自転車の持込みができない駅は彦根と八日市線各駅となる.またこれまで平日の自転車の持ち込み時間を9時〜16時のみ可能としていたため,16時を過ぎた次の駅での降車が条件であったが,改正後は指定列車であれば終着駅まで乗車可能となる.ただし,持込みができない駅での降車はできないため,八日市線に向かう列車の場合は八日市での降車となる.

2019年3月10日掲載