JR西日本,223系「Aシート」車を公開

access_time
2019年2月27日掲載
JR西日本,223系「Aシート」車を公開

JR西日本は,2019(平成31)年3月16日(土)のダイヤ改正から,東海道本線・山陽本線(琵琶湖線・JR京都線・JR神戸線)に導入する有料座席サービス「Aシート」用の車両を,2月27日に報道陣に公開した.

 「Aシート」装備車となったのは,網干総合車両所所属の223系1000番台,V3編成のクハ222-1007,およびV4編成のクハ222-1008.いずれも下関方の先頭車で,実際の運用では下関方に8両編成を連結し,9号車が「Aシート」となる.

JR西日本,223系「Aシート」車を公開

 種車は3扉車だが,中間の扉は閉鎖し,側窓・カーテン・荷棚が設置されている.外観は,特別感を連想させるブルーの帯を配したデザインで,乗降扉脇には「Aシート」のロゴマークが掲出されている.車内は,座席をリクライニング機能・テーブル付きの座席を46席設置.全席にコンセントが用意されている.荷物置場・車椅子スペースの新設や,トイレの車椅子対応も行なわれた.

 「Aシート」車が連結される新快速列車は,平日は,網干7:22発→大阪8:48発→野洲9:49着,野洲10:59発→大阪12:00発→姫路13:02着,姫路18:10発→大阪19:15発→野洲20:16着,野洲20:59発→大阪22:00発→網干23:16着.休日は,姫路8:40発→大阪9:45発→野洲10:43着,野洲11:59発→大阪13:00発→姫路14:02着,姫路16:10発→大阪17:15発→野洲18:16着,野洲19:28発→大阪20:30発→姫路21:34着の上下合わせて1日4本ずつ.

JR西日本,223系「Aシート」車を公開

 着席料金は500円で,利用する際は,乗車〜着席後,乗車整理券(1乗車500円)を乗務員から購入する必要がある.支払い方法は交通系ICカードと現金に対応する.なお,客室仕切りの内側は立席不可の有料エリアとなるが,それ以外の乗降ドア・車椅子スペース付近などは立席可となる.

写真はいずれも松本洋一撮影 2019-2-27 網干総合車両所にて(取材協力:JR西日本)