JR東日本,品川駅の混雑緩和策を実施
京浜東北線北行と山手線外回りが同一ホームに

北側コンコース

北側コンコースのイメージ

JR東日本では,品川駅での乗換え利便性向上と混雑緩和,バリアフリールートの拡充を図ると発表した.これは,通勤・通学時間帯には北側コンコース・自由通路が混雑しており,今後,同駅周辺の開発や乗換え利用客の増加が見込まれることから,コンコース・自由通路の混雑緩和などより利便性を向上させる.

JR東日本,品川駅の混雑緩和策を実施

 現在,山手線外回り(渋谷・新宿方面)と京浜東北線(大宮方面)との間で乗り換える場合は,ホームが別のため,階段・コンコースの経由が必要となっている.2019年秋ごろまでに,京浜東北線の線路の切換工事を実施し,京浜東北線(大宮方面)の停車番線を3番線から4番線に変更.その後2022年ごろまでに,現3・4番線のホーム拡幅(9m→13m)を実施し,京浜東北線(大宮方面)と山手線外回り(渋谷・新宿方面)が同じホーム上で乗り換えられるように変更する.これにより,1番線ホームは,山手線内回り(東京・上野方面)の専用ホームとなる.

新設される改札のイメージ

新設される改札のイメージ

 また,2027年以降,北側コンコース内に改札口を新たに2ヵ所設置し,通路を拡幅(7m→18m)する.これにより,コンコース・自由通路の混雑を緩和し,北側コンコースから港南口への移動時間の短縮も図る.また,バリアフリールートの拡充のため,北側コンコースと各ホームを接続するエレベーターを8ヵ所増設する.あわせて,商業施設などの整備が実施される.

写真はいずれもJR東日本のニュースリリースから