「RICOH GR III」,3月下旬に発売

「RICOH GR III」,3月下旬に発売

リコー,リコーイメージングは,プロフェッショナルユースにも応える高画質とスナップシューティングに最適な小形軽量ボディを両立した,ハイエンドコンパクトデジタルカメラ「RICOH GR III」を2019(平成31)年3月下旬に発売します.
 これは,GRシリーズの基本コンセプトである高画質や速写性,携帯性といったカメラの本質的な価値をさらに強化するため,レンズ,イメージセンサ,画像処理エンジンなどの主要デバイスすべてを一新した最新モデルです.APS-CサイズのCMOSイメージセンサを搭載し,有効約2424万画素の高精細な画像が撮影できます.
 ボディサイズは従来機種より一回り小さくなり,高性能化と薄形化を両立した新開発の「GR LENS18.3mm F2.8」搭載.従来と同じ28mm相当の画角(35ミリ判換算)と開放F2.8の明るさはそのままに,歴代のGRレンズを凌ぐ高いシャープネスを実現しています.AFは,合焦精度に優れるコントラストAFと,高速なAFを実現する像面位相差AFによるハイブリッド方式で,それぞれのメリットを活かしたAF方式を選択することで,素早く快適なピント合わせを可能にしています.リコー独自の手ぶれ補正機構「SR(Shake Reduction)」により,角度(ヨー,ピッチ)ぶれと回転ぶれの3軸に対して4段分の補正効果を実現しています.
 直感的な操作が可能なタッチパネル,画作りの醍醐味を存分に楽しめる「イメージコントロール」,Bluetooth&無線LANのデュアル通信など新機能も採用し,操作性,機能性を強化しています.
 また,製品発売後もファームウェアのアップデートによる機能拡張や性能向上が予定されています.
 オープン価格で,リコーイメージングの直販サイトにおける2月22日時点での販売価格は112500円(税別)となっています.詳しくはリコーイメージングの製品紹介ページをご覧ください.

2019年2月22日掲載