東京メトロ,「LinkRay™」を活用した運転支障時の情報配信に関する実証実験を実施

東京メトロ,「LinkRay™」を活用した運転支障時の情報配信に関する実証実験を実施

東京地下鉄(東京メトロ)では,パナソニックとパナソニックシステムソリューションズジャパンの協力のもと,光IDソリューション「LinkRay™(リンクレイ)」を活用した,列車の運転支障発生時におけるほかの公共交通機関への振替案内に関する実証実験を開始したと発表した.

東京メトロ,「LinkRay™」を活用した運転支障時の情報配信に関する実証実験を実施

 「LinkRay™」とは,スマートフォンのカメラをLED光源またはその光源に照らされた対象物へかざすだけで,情報をすばやく受信することができる技術で,実験は,東西線東陽町駅の中央改札口(改札外)に「LinkRay™」対応ディスプレイを設置.同線の運転に支障が発生し,バスへの振替が可能となった場合に,東京メトロアプリ(メトロラボ)を起動し,対応ディスプレイにスマートフォンをかざすことで,「対象路線バス」や「バスのりば」などの情報が手元で確認できる.なお,平常時は乗換えや出口に近い乗車位置が分かる「のりかえ出口案内」なども確認できる.  今後は,実証実験の結果を踏まえながら,設置駅の追加や案内内容の拡大に向けて検討を進める.

写真はいずれも東京メトロ提供