東急2000系改め,9020系が登場

access_time
2019年2月18日掲載
東急2000系改め,9020系が登場

東京急行電鉄では,もと田園都市線用の2000系が5連化され形式を9020系に改番のうえで,大井町線へ転属,営業運転を開始しました.

 東急2000系は,2018(平成30)年11月中旬,2103編成が5連化(大井町方からクハ2003+デハ2303+デハ2453+デハ2403+クハ2103)のうえで大井町線へ転属しましたが,2019(平成31)年1月末に長津田工場へ入場しました.
 その後,もと2000系2102編成のうち3両(クハ2002・デハ2202・クハ2102)と2103編成のうち2両(デハ2253+デハ2203)を組み合わせた5連(大井町方からクハ2002+デハ2202+デハ2253+デハ2203+クハ2102)を組成し,9020系9022編成(大井町方からクハ9022+デハ9222+デハ9322+デハ9422+クハ9122)と改番して,2019(平成31)年2月11日(月)から営業運転を開始しました.
 2000系2103編成については,2号車をデハ2303からデハ2302に変更したうえで,9020系9023編成(大井町方からクハ9023+デハ9223+デハ9323+デハ9423+クハ9123)に改番されて長津田工場から出場しており,2000系2101編成の先頭車と,2102編成のデハ2402,2103編成のデハ2353+デハ2303から組成される5両編成についても,同様に改番されるものと思われます.

写真:旗の台にて 2019-2-17
投稿:廣瀬 敦