京都鉄道博物館でヨ5008の車内を初公開

access_time
2019年2月18日掲載
京都鉄道博物館でヨ5008の車内を初公開

京都鉄道博物館では,2019(平成31)年2月16日(土)・17日(日)の2日間,ふだんは公開されていない車掌車ヨ5008の車内を初公開し,車両解説セミナーが行なわれました.これは,同館で実施されている2月のワークショップの一環として行なわれたもので,毎回先着40名に整理券が配布されました.
 ヨ5008は,1959(昭和34)年に大宮工場でヨ3500形から12両が改造されてヨ5000形となったうちの1両で,コンテナ特急“たから”号に連結するために時速85キロ対応に改造された車両です.用途廃止後は宇都宮貨物ターミナル駅で保存され,京都鉄道博物館の開館に合わせて寄贈され展示されていましたが,車内公開は今回が初めてとなりました.

写真:京都鉄道博物館にて 2019-2-17
投稿:笹田 昌宏