西武001系「Laview」が公開される

access_time
2019年2月14日掲載
西武鉄道001系が公開される

西武鉄道は,2019(平成31)年2月14日(木),001系「Laview(ラビュー)」を小手指車両基地で報道陣に公開した.

 車両形式の001系には,同社の次世代のフラッグシップトレインとして,「いままでに見たことのない新しい車両」であることや「次の100年に向けた出発点である車両」であることを表現するため,100年を逆から表した「001」とした.なお,「00」には「∞(無限)」の可能性の意味も込めており,英語表記は,「001_series(ダブルオーワンシリーズ)」となる.車両番号もこれまでの西武鉄道車両にないものとなっており,第1編成は001-A1+001-A2+001-A3+001-A4+001-A5+001-A6+001-A7+001-A8,第2編成は001-B1+001-B2+001-B3+001-B4+001-B5+001-B6+001-B7+001-B8となっている.
 先頭形状を球面とし,前面ガラスには国内初となる三次元曲面ガラスを採用.客室窓は等間隔で縦1350mm×横1580mmにもなる大形窓ガラスを配置し,沿線の景色を大パノラマで眺めることができる.車体カラーは,アルミ素材の車体に塗装を施し,都市や自然の中でやわらかく風景に溶け込むことを目指したデザインとなっている.

西武001系「Laview」が公開される

 客室は,大きな窓のある明るい白い壁のシンプルな室内に,あたたかな黄色配色を基調とした座席シートが並んでいる.シート・床面の絨毯・カーテンのテキスタイルは,統一感のあるデザインとなっており,シートについては,これまでの特急車両にはない身体をやさしくつつみ込むソファのようなデザインとされた.各車両のデッキも黄色配色を基調とし,一部の壁には曲面デザインを採用し,壁面に寄り掛かれる 余裕のある空間となっている.
 001系「Laview(ラビュー)」は2019(平成31)年3月16日(土)のダイヤ改正にあわせて営業運転を開始する予定で,当面は池袋線・西武秩父線(池袋—西武秩父間)でのみ運転される.充当される列車は,平日の“ちちぶ”9・17・37/24・32・56号,“むさし”27・51/6・12・42号と,土休日の“ちちぶ”5・13・29/20・28・48号,“むさし”67・43/64・34号で,一部列車は池袋—所沢間を最速19分で運転する.

西武001系「Laview」が公開される

 なお,ダイヤ改正当日の3月16日(土)は,“ちちぶ”5号の車内で記念グッズが配布される予定で,“むさし”64号については同日に限り,10000系で運転される.

 営業運転開始に先立ち,所沢駅コンコースでは,2月19日(火)から3月18日(月)まで, 「新形特急車両『Laview』特設ブース」が設置される.「Laview」のパネル展示のほか,オリジナルムービーの放映,フォトスポットの設置が行なわれる予定.

写真はいずれも編集部撮影 小手指車両基地にて 2019-2-14(取材協力:西武鉄道)