JR東日本アプリ・WEBサイトで駅混雑状況の情報提供を開始

190212_jre_appli.jpg

JR東日本では,同社の公式スマートフォンアプリ「JR東日本アプリ」とWEBサイト上で,「駅混雑状況」の情報提供を開始したと発表した.

 これは,輸送障害の発生時など,駅の混雑が予測される際に駅構内の混雑状況の映像やグラフをリアルタイムに確認できることで,駅にいる時間の変更や他社線,他交通機関の利用など,利用者の判断要素となることを目的としたもの.
 今回は新宿駅南口・西口,品川駅京急線連絡口・北口山手線階段,舞浜駅北口・南口が対象で,駅構内カメラ映像は,プライバシー加工を施された画像データを約1分周期で静止画として配信される.混雑度グラフは,過去の曜日・時間ごとの混雑度データと当日の時間ごとの混雑度データをもとに,1時間単位で平均混雑状況および当日の混雑状況がグラフで配信される.

写真:JR東日本のニュースリリースから

2019年2月13日掲載