阪急,3月23日から“京とれいん 雅洛”の運転を開始

阪急,3月23日から“京とれいん 雅洛”の運転を開始

阪急電鉄では,観光特急“京とれいん”の2編成目となる“京とれいん 雅洛”について,2019(平成31)年3月23日(土)から運転を開始すると発表した.

 “京とれいん 雅洛”は,現行の“京とれいん”のイメージを継承しつつ,「乗車したときから京都気分」をコンセプトに,7000系(6両編成)を改造.乗車するたびに京都気分を楽しめるよう,6両編成の1両ごとに季節を定め,すべての車両が異なる外観や車内デザインとしている(鉄道ニュース2018年12月7日掲載記事参照)

阪急,3月23日から“京とれいん 雅洛”の運転を開始

 列車種別については,“京とれいん”が「快速特急A」(停車駅:梅田,淡路,桂,烏丸,河原町),“京とれいん 雅洛”が「快速特急」(停車駅:梅田,十三,淡路,桂,烏丸,河原町)で,利用料金はこれまでの“京とれいん”と同様,事前予約などは不要で普通運賃のみで乗車できる.
 “京とれいん 雅洛”の運転時刻は,梅田発が9・11・13・15時台の毎時32分,河原町発が10・12・14・16時台の毎時41分発で,“京とれいん 雅洛”と“京とれいん”が交互に運転するダイヤとなる.

2019年2月8日掲載