EF210-314が四国へ入線

access_time
2019年2月8日掲載
EF210-314が四国へ入線

JR貨物では,川崎重工で新製され,吹田機関区所属となったEF210-314が,2019(平成31)年2月4日(月)の8073列車で,高松貨物ターミナルに初入線しました.
 その後も順調に仕業をこなし,2月7日(木)には,伊予三島(大王製紙専用線)へと向かう3079列車のけん引に充当されました.途中の多度津駅では,乗務員訓練によるものと思われる,訓練列車(高松運転所所属DE10 1095+キハ185系「アイランドエクスプレス四国Ⅱ」編成)と並ぶ場面も見られました(写真).

写真:多度津にて(敷地外から撮影) 2019-2-7
投稿:志摩 敬