ことでん,3月6日から「還暦の赤い電車」を運転

ことでん,3月6日から「還暦の赤い電車」を運転

高松琴平電鉄では,2019(平成31)年3月6日(水)から,1080形1編成を京浜急行電鉄時代のリバイバルカラー(赤+白帯)として運転すると発表した.

ことでん,3月6日から「還暦の赤い電車」を運転

 これは,1080形が2019(平成31)年で製造から60年を迎えることを記念し,鉄道ファン有志によるクラウドファンディング「還暦の赤プロジェクト」が成立したことで実現したもの.1081号車+1082号車を使用し,全面ラッピングで京急のカラーリングを再現する.
 運転開始日の3月6日(水)には,仏生山駅で出発式が開催されるほか,一般利用客も乗車可能な臨時列車が,仏生山—高松築港間で1往復運転される.

写真はいずれも高松琴平電気鉄道のWEBサイトから

2019年2月8日掲載