小田急,2月26日から登戸駅構内に「ドラえもん」の装飾を実施

小田急,2月26日から登戸駅構内に「ドラえもん」の装飾を実施

小田急電鉄では,「藤子・F・不二雄ミュージアム」(神奈川県川崎市)と協力し,2019(平成31)年2月26日(火)から,小田急線登戸駅にドラえもんのキャラクターによる装飾を実施すると発表した.

小田急,2月26日から登戸駅構内に「ドラえもん」の装飾を実施

 今回の装飾は,「藤子・F・不二雄ミュージアム」と,その最寄駅のひとつである同駅への利用を促進するために実施されるもの.「ドラえもんたちのいる すこしふしぎな駅」をコンセプトに,利用者に「ワクワク感」を感じてもらうほか,「ドラえもん」の世界に入り込んだような空間を演出する.

小田急,2月26日から登戸駅構内に「ドラえもん」の装飾を実施

 装飾場所は改札階(壁面,駅名標,エレベータ,デジタルサイネージ,ゴミ箱など),ホーム階(待合室内ベンチ,駅名標,エレベータ,ゴミ箱など),コインロッカーなどで,一部壁面には,デジタル技術を活用した遊び心のあるコンテンツを設置する.

写真提供:小田急電鉄

©Fujiko-Pro

2019年2月8日掲載