京急,2020年3月に4駅の駅名を変更

京急,2020年3月に4駅の駅名を変更

京浜急行電鉄では,2020年3月から産業道路・花月園前・仲木戸・新逗子の4駅について駅名を変更すると発表した.
 これは,創立120周年記念事業の一環として沿線の小中学生を対象とした「わがまち駅名募集」での意見を参考に,沿線地域の活性化や,町名,地域シンボルとして利用客の利便性などを総合的に判断したもの.
 変更後の駅名はそれぞれ,大師線の産業道路が「大師橋(だいしばし)」,本線の花月園前が「花月総持寺(かげつそうじじ)」,本線の仲木戸が「京急東神奈川(けいきゅうひがしかながわ)」,逗子線の新逗子が「逗子・葉山(ずし・はやま)」となる.
 あわせて,「わがまち駅名募集」の応募の中から,誘客促進につながると判断されたものについては,駅名変更と同時期に「副駅名標」を駅看板の一部に表記する.
 対象駅は,鮫洲(鮫洲運転免許試験場),大森海岸(しながわ水族館),産業道路→大師橋(旧駅名 産業道路),京急鶴見(大本山總持寺),花月園前→花月総持寺(旧駅名 花月園前),仲木戸→京急東神奈川(旧駅名 仲木戸),日ノ出町(野毛山動物園),新逗子→逗子・葉山(旧駅名 新逗子),追浜(横須賀スタジアム),汐入(横須賀芸術劇場)の合計10駅となる.

2019年1月26日掲載