名鉄,3月16日に一部ダイヤ改正を実施

名古屋鉄道では,利便性向上と混雑緩和のため,2019(平成31)年3月16日(土)に一部路線においてダイヤ改正を実施すると発表した.
 今回の改正では,早朝時間帯における中部国際空港アクセスの利便性を向上させるため,平日新鵜沼駅5:31発(名鉄名古屋駅6:00発)の中部国際空港行き“ミュースカイ”を,4両から8両に増強する.また,土休日では,金山駅始発の快速急行中部国際空港行き1本を,栄生駅始発(名鉄名古屋駅6:41発)に変更し,名鉄名古屋駅からの直通列車を増発する.
 三河線では,知立—碧南間において,平日・土休日とも,23時台の列車を1往復増発する.なお,下り(碧南発知立行き)については,最終列車を30分繰り下げて運転する.
 名古屋本線では,土休日夕方の時間帯に豊橋—名鉄岐阜・新鵜沼間で運転している一部特別車の「快速特急」「特急」について,上下あわせて24本を6両から8両に変更(一般車2両増車)し,一般車の混雑を緩和する.
 西尾線では,利用客が増加している南桜井駅を「準急」停車駅から「急行」停車駅に格上げることで,平日・土休日ともに9時から16時台までの停車列車を,上下それぞれ毎時2本から4本とする.あわせて,同線の準急を急行に統一し,分かりやすいダイヤとする.