JR西日本,1月29日から「ハローキティはるか」を運転

JR西日本,1月29日から「ハローキティはるか」を運転

JR西日本では,株式会社サンリオの人気キャラクター「ハローキティ」とコラボレーションし,2019(平成31)年1月29日(火)から,特急“はるか”のオリジナルラッピング列車「ハローキティはるか」を運転すると発表した.

JR西日本,1月29日から「ハローキティはるか」を運転

 ラッピングは281系1編成(6両)に実施し,通常の特急“はるか”の定期列車として運転される.第1弾のデザインは,281系の車体にも使用している紺色を基調とし,蝶と草花など自然をテーマとした.デザインのテーマは,「和のおもてなし」とし,古来から自然の動植物をモチーフにした装飾とハローキティを組み合わせ,おしゃれな配色で新しい「和モダン」を感じさせるデザインとした.

JR西日本,1月29日から「ハローキティはるか」を運転

 内装は,全号車のドアや窓間などに,外装デザインのアートを施し,乗車中も「ハローキティはるか」の世界観を楽しむことができる.今後は,コンセプトはそのままに,それぞれ異なるデザインの第2弾,第3弾のラッピングも予定されている.

JR西日本,1月29日から「ハローキティはるか」を運転

 また,2月5日(火)の13時から15時までの間,関西空港駅でウェルカムイベントを開催する.イベントでは,「ハローキティ」が登場するほか,未生流笹岡家元・笹岡隆甫氏や京都市によるおもてなしなどを実施する.また同日からは,関西空港駅の券売機をオリジナルデザインで装飾する.

写真はいずれもサンリオ提供