JR東日本,「男鹿ステーションぎゃらりー」オープン

JR東日本,「男鹿ステーションぎゃらりー」オープン

男鹿ステーションぎゃらりー

JR東日本,「男鹿ステーションぎゃらりー」オープン

ACCUM車内

JR東日本秋田支社では,男鹿線の男鹿駅旧駅舎を利活用して,2018(平成30)年12月から「男鹿ステーションぎゃらりー」をオープンしています.
 これは,「男鹿のナマハゲ」がユネスコ無形文化遺産に登録されたことを記念して,同支社が「WELCOME!OGA!~冬こそ映える男鹿半島~」をキーワードに,男鹿の観光需要促進の一環として開館したものです.

写真はいずれもJR東日本秋田支社のニュースリリースから

開館時間など 土休日10時〜17時
※入館料無料,平日は休館.
展示内容など ●男鹿の地域活性化の取組みのひとつと位置づけ,男鹿駅旧駅舎を利活用し「油谷これくしょん」の鉄道や漁の道具,男鹿に関するレトロな品々が展示されているほか,本誌でもおなじみの小賀野実さんが35年間撮り続けたナマハゲの写真も展示されています.
●男鹿線を走るEV-E801系「ACCUM(アキュム)」車内や,秋田駅待合室,秋田駅はなみち(改札内7・8番線へ向かう通路)にも,小賀野実さん撮影のナマハゲの写真が展示されています.
ご案内 JR東日本秋田支社ニュースリリース(PDFファイル)