台湾でラピートブルーの電気機関車の運転開始

台湾でラピートブルーの電気機関車の運転開始

南海電気鉄道と,台湾の交通部台灣鐵路管理局(以下「台鉄」)は,台鉄のE200形電気機関車2両に,南海50000系「ラピート」のカラーリングにあわせたラピートブルー(ブルーマイカ)の塗装と,「ラピート」をデザインしたイラストなどの特別ラッピングを施し,2019(平成31)年1月15日(火)から運転を開始したと発表した.

台湾でラピートブルーの電気機関車の運転開始

 この企画は,台湾・日本の友好を深めるとともに,台湾における特急ラピートおよび大阪の観光名所の認知度を高め,訪日旅行のさらなる促進を目的に実施するもの.E200形2両に塗装・特別ラッピングが行なわれ,1両目は台北など先進的な街並みに合うように,シンプルなデザインと文字で大阪と「ラピート」を表わしたデザイン.2両目は車体に大阪らしいにぎやかなイメージをデザインし,「ラピート」や「関空戦士ラピートルジャー」も描かれたものとなっている.

台湾でラピートブルーの電気機関車の運転開始

 今回,このデザインの運転開始を記念して,2019年1月14日(月)には,台鉄の樹林駅において,発表会が実施された.今後,7月13日(土)まで,おもに七堵—潮州間で莒光号(急行列車)をけん引する予定.

写真はいずれも南海電気鉄道のニュースリリースから

2019年1月16日掲載