東武70000系71711編成が甲種輸送される

東武70000系71711編成が甲種輸送される

近畿車輌で製造された,東武鉄道70000系の11編成目となる71711編成が,2019(平成31)年1月5日(土)から翌6日(日)にかけて,徳庵から熊谷貨物ターミナルまで甲種輸送されています.
 しばらくの間,70000系との共通仕様車である東京地下鉄(東京メトロ)13000系の落成が続いていたため,2018(平成30)年3月3日(土)に出場した71710編成以来,およそ8ヵ月ぶりの落成となりました.
 けん引機は,徳庵から吹田貨物ターミナルまではJR貨物岡山機関区所属のDE10 1743が,吹田貨物ターミナルからは新鶴見機関区所属のEF65 2092が担当しています.

写真:京都付近にて 2019-1-5

掲載

鉄道ファン2019年2月号