JR西日本,3月10日から山陽本線 尾道駅新駅舎の供用を開始

JR西日本,3月10日から山陽本線 尾道駅新駅舎の供用を開始

JR西日本では,2019(平成31)年3月10日(日)の始発から,山陽本線尾道駅で新駅舎の供用を開始すると発表した.
 同社では,瀬戸内エリアで,地域住民と一体となった地域の価値向上を目指す「せとうちパレットプロジェクト」を展開しており,その一環として,尾道駅の建替え工事を実施してきた.
 新駅舎は,鉄骨造地上2階建てで,改札口,みどりの窓口,券売機,駅事務室を備える.バリアフリー設備として,エレベーター,多機能トイレ(1ヵ所)も設置する.
 駅舎デザインは,初代尾道駅舎(1891(明治24)年当時)のおもむきを踏襲したもので,まちの風情を取り入れながら,「尾道のまち」とともに成長していける新しい駅としている.また,尾道水道を一望できる眺望デッキや尾道らしさあふれる店舗も新たに出店し,地域住民や観光客が行き交う場所として新たなにぎわいを提供する.
 今後は,尾道駅舎でのイベントや店舗のイベントや,尾道の街のイベントの情報発信を,尾道駅総合WEBサイト「おのえき」で,コンビニを除く入店店舗に関する最新情報については,尾道駅舎プロジェクトティザーサイトで随時発信する.

写真:JR西日本のニュースリリースから

掲載