JR西日本,山陰本線の観光列車“あめつち”の運転計画を発表

JR西日本「あめつち」

JR西日本では,山陰本線鳥取—出雲市間を走る観光列車“あめつち”について,2019(平成31)年3月から9月までの運転計画を発表した.
 運転日は,2019(平成31)年3月2日(土)から9月29日(日)までの土曜・日曜・月曜を中心に一部金曜日も運転する.なお,10連休となるゴールデンウィークは計8日運転するほか,お盆期間の運転日については後日案内される.
 また,2019(平成31)年3月20日(水)・21日(木祝)の2日間については,団体貸切列車として島根県の石見地方を初めて運転する.運転区間(乗車可能区間)は下りが出雲市→浜田,上りが益田→大田市で,2019(平成31)年1月下旬から日本旅行の旅行商品として発売される.

写真:松本洋一撮影  後藤総合車両所運用検修センターにて  2018-6-11(取材協力:JR西日本)

2018年12月23日掲載