JR東日本・三陸鉄道,山田線(宮古—釜石間)で1月から試運転・訓練運転を開始

JR東日本・三陸鉄道,山田線(宮古—釜石間)で1月から試運転・訓練運転を開始

JR東日本では,東日本大震災の影響で復旧工事を行なっていた山田線(宮古—釜石間)について,おもな工事の完了にともない,運転再開後に移管される三陸鉄道の車両を使用した試運転を実施すると発表した.

 試運転は2019(平成31)年1月28日(月)から2月2日(土)までの間実施し,三陸鉄道の車両と運転士によって,踏切や電気設備の動作確認などを行なう. また,山田線宮古—釜石間の全区間において徐々に運転速度を上げながら走行する.
 さらに,試運転終了後の2月3日(日)から3月22日(金)までは,三陸鉄道運転士の技術習熟を目的とした訓練運転を実施する.

写真:JR東日本盛岡支社のニュースリリースから

2018年12月22日掲載