阪堺電軌,正月臨時ダイヤを実施

阪堺電気軌道 1001形

阪堺電気軌道は,大晦日から2019(平成31)年1月4日(金)までの間,沿線の住吉大社への初詣客に対応するため,正月臨時ダイヤで運転すると発表した.
 大晦日は,昼間時間帯の運転間隔が,天王寺駅前—我孫子道間で7分,恵美須町—我孫子道間で21分,我孫子道—浜寺駅前間で14分となる.
 元日から1月3日(木)までは,昼間時間帯の運転間隔が,天王寺駅前—我孫子道間で4分,恵美須町—我孫子道間で12分,我孫子道—浜寺駅前間で8分となる.
 1月4日(金)は,昼間時間帯の運転間隔が,天王寺駅前—我孫子道間で5分,恵美須町—我孫子道間で15分,我孫子道—浜寺駅前間で10分となる.なお,1月5日(土)は通常の土休日ダイヤとなる.

写真:阪堺電気軌道1001形  松本洋一撮影  我孫子道車庫にて  2014-2-25(取材協力:阪堺電気軌道)

※写真はイメージです.

掲載

鉄道ファン2019年2月号