名古屋市営地下鉄,大晦日から元旦にかけて終夜運転を実施

名古屋市交通局 N1000形

名古屋市交通局は,市営地下鉄各線の年末年始の運転計画を発表した.
 東山線は,2018(平成30)年12月28日(木)と2019(平成31)年1月4日(木)は休校期ダイヤ,12月29日(土)・30日(日)は土曜・日曜・休日ダイヤ,12月31日(月)から1月3日(木)は年末年始ダイヤでの運転となる.そのほかの各線は,12月29日(土)から1月3日(木)まで土曜・日曜・休日ダイヤで運転する.
 なお,東山線で毎週金曜日などに実施している終電延長は,12月28日(金)・1月4日(金)についても実施する.また,12月29日(土)から1月3日(木)までの間は,東山線と名城線・名港線の女性専用車両の運用を休止する.
 大晦日から元旦にかけて,上飯田線を除く地下鉄各線で,終夜運転が実施される.運転間隔はおおむね30分に1本で,各路線の時刻表については,名古屋市交通局のページで公開されている.

写真:名古屋市交通局N1000形  編集部撮影   藤が丘工場にて  2008-1-4(取材協力:名古屋市交通局)

※写真はイメージです.