『くりでん創立100周年祭』開催

『くりでん創立100周年祭』開催

2018(平成30)年12月15日(土)・16日(日)の2日間,宮城県栗原市の,くりはら田園鉄道公園で『くりでん創立100周年祭』が開かれました.
 15日は,動態保存車両を使った「くりでん乗車会」や夕方には営業当時の構内夜景を蘇らせた「夕暮れ時撮影会」も行なわれました.また,両日限定の企画として,ミュージアム入館券が特製硬券切符となったほか,園内3ヵ所のスタンプラリー踏破者には「くりでん創立100周年祭」特製クリアファイルが商品として配られました.
 くりでんは,前身となる「栗原軌道」が1918(大正7)年に発足し,2018(平成30)年で100年となりました.なお,くりはら田園鉄道は2007(平成19)年3月31日に廃止となり,旧若柳駅と接続する若柳車庫を中心に整備され,2017(平成29)年4月1日に「くりはら田園鉄道公園」として生まれ変わっています.

写真:くりはら田園鉄道公園「くりでんミュージアム」にて 2018-12-16
投稿:千葉 恵一

2018年12月17日掲載