東急7700系7901編成が恩田へ

access_time
2018年11月27日掲載
東急7700系7901編成が恩田へ

東京急行電鉄では,2018(平成30)年11月26日(月),雪が谷検車区所属の7700系7901編成が,雪が谷大塚から恩田へ回送され,長津田車両工場へ入場しました.廃車ならびに養老鉄道への譲渡のためと思われます.
 回送に際しては保安装置の関係により,「TOQ i」のデヤ7500がクハ7901方に雪が谷大塚から,デヤ7550がデハ7701方に多摩川から,それぞれ連結されました.同編成は,11月24日(土)に開催された『7700系さよならイベント』 で,最後まで残った7700系として池上線と多摩川線を走行して,それを最後に営業運用から離脱していました.今回の長津田工場への回送が,永年走り続けてきた池上線,多摩川線を始めとする東急線上での7700系の本当のラストランとなります.なお,イベントの時には「惜別」の表示や運行番号表示器,デハ7701への太帯の装飾が見られましたが,今回の回送では行なわれませんでした.

写真:蓮沼—池上間にて 2018-11-26
投稿:金子 聡