京王,11月1日からサンリオキャラクターのフルラッピングトレインを運転

京王,11月1日からサンリオキャラクターのフルラッピングトレインを運転

京王電鉄とサンリオエンターテイメントでは,京王電鉄9000系車両(10両1編成)に,サンリオのキャラクターたちがデザインされたフルラッピング車両を運転すると発表した.運転開始は,多摩市市制記念日で,ハローキティの誕生日でもある2018(平成30)年11月1日(木)からの予定.
 この取組は,地域活性化を目的に多摩市と協力し,国内外のより多くの方にサンリオピューロランドもある多摩センターに訪れてもらえるようにとの思いから実施される.フルラッピング車両には,外装に多摩センター親善大使のハローキティをはじめとするサンリオのキャラクターを装飾しており,乗車時間を楽しく過ごすことができるよう,かわいらしいデザインとしている.また,ドア注意喚起ステッカーを同デザインにすることで,統一感を出している.
 両社では,これまでにも2016(平成28)年7月から,京王多摩センター駅の名誉駅長にハローキティが就任したほか,多くのサンリオキャラクターが各所に描かれている駅装飾を実施している.

イラストは京王電鉄提供

©1976, 2009 SANRIO CO., LTD. ©1976, 1988, 1989, 1993, 1996, 2001, 2018 SANRIO CO., LTD.

掲載

鉄道ファン2018年12月号