相鉄,2019年春にJR直通線用新形車両「12000系」を導入

相鉄,2019年春にJR直通線用新形車両「12000系」を導入

相模鉄道は,2019年度下期に開業予定の相鉄・JR直通線用の車両として,12000系を導入すると発表した.

 12000系は,2018(平成30)年2月に営業運転を開始した20000系同様,駅舎や車両,制服,商業施設などのデザインコンセプトを統一し,グループの認知度・好感度の向上を図る「デザインブランドアッププロジェクト」の概念にもとづいて導入される.1編成10両とし,2019年度末までに全6編成(60両)が導入される予定.なお,製造は総合車両製作所が担当する.

相鉄,2019年春にJR直通線用新形車両「12000系」を導入

 車両の開発コンセプトを「安全×安心×エレガント」とし,前方監視カメラと車内防犯カメラを初めて採用.先頭形状は,代表的な能面のひとつである「獅子口」をイメージした力強いデザインで,車体は,横浜を象徴した濃紺色「YOKOHAMA NAVYBLUE(ヨコハマネイビーブルー)」で塗装される.

ガラスを多用し開放感のある室内(昼間イメージ)

ガラスを多用し開放感のある室内(昼間イメージ)

夜間には暖色系の照明に変更される(夜間イメージ)

夜間には暖色系の照明に変更(夜間イメージ)

 内装は,20000系の仕様を踏襲して,落着きのあるグレー色で統一.時間帯で色調が変化する調色調光式のLED照明を採用する.また,すべての車両にベビーカー・車椅子用のフリースペースを設置し,一部の優先席・一般席には地元の高齢者の意見を取り入れて改良した「ユニバーサルデザインシート」を導入する.さらに「ナノイー」搭載の空気清浄機や駅に長時間停車時に乗客がドアの開閉を行なえる「個別ドアスイッチ」を導入するなど,子育て世代や高齢者など,すべての利用客に優しい仕様とする.

写真はいずれも相模鉄道提供