JR東海,2019年度から東海道新幹線の駅・車内における英語放送を拡大

JR東海 N700系1000番台「N700A」

JR東海では,2019年度中に東海道新幹線の駅ホーム上で,新たに英語での自動放送を実施すると発表した.また,駅コンコースや車内では,輸送障害時に必要な情報をタイムリーに案内できるよう,ツールを活用した英語放送を試行し,2019年度の本格導入を目指した機能確認を行なう.
 駅ホーム上での英語放送は,東海道新幹線全駅(17駅)を対象とし,列車の接近,到着,出発にあわせた日本語での自動放送に加えて,新たに英語での自動放送を組み込む.なお,英語放送の追加にともない,日本語放送の一部(グリーン号車・喫煙ルーム号車・乗換えに関する案内など)は取り止める.
 駅コンコースでの英語放送は,訪日外国人の利用客に対して,輸送障害時に必要とされる情報を広く案内するために,コンコースでの英語放送を試行する.内容は,発生し得る多様な事態(列車の遅延,運転見合わせ,運転再開見込み,払戻しの案内など)を想定してタブレット端末にあらかじめ登録した英語の定型文から,駅係員が必要な文章を選択し,駅の放送装置に接続して放送する.対象駅は品川,新横浜,小田原,京都,新大阪とし,システムの安定性,使い易さの検証などを実施する.試行期間は,2018(平成30)年9月下旬以降から順次開始し,2019年3月末までを予定している.
 車内での英語放送は,乗車中の訪日外国人に対してもタイムリーな情報提供を行なうために,乗務員が所持するスマートフォンのアプリを活用した英語放送を試行する.放送内容は,列車の遅延,列車の行先変更,運転再開見込み,到着遅れ見込みなどで,アプリにあらかじめ登録した多様な英語の定型文から乗務員が必要な文章を選択し,車内の放送装置に接続して放送する.さらに,乗務員が話す言葉を英語に翻訳して放送する機能も組み込む.対象列車は東海道新幹線(東京—新大阪間)の定期列車で,高速走行する車内でのシステムの安定性,使い易さや音声認識の正確性の検証などを行なう.試行期間は2018年10月以降に順次開始し,2019年3月末までを予定している.

写真:JR東海N700系1000番台「N700A」 編集部撮影 JR東海・浜松工場にて 2012-8-21 (取材協力:JR東海)

※写真はイメージです.

掲載