JR東日本,2020年夏までに東京駅改札内のエレベータを5基増設

JR東日本では,「東京2020 オリンピック・パラリンピック競技大会」に向け,東京駅改札内のエレベータを5基増設し,同駅のバリアフリー化を推進すると発表した.
 東京駅改札内で地下1階と地上階(1階)を結ぶエレベータは,商業施設グランスタ内と東海道線9・10番線ホームを結ぶ1基しかなく,地下1階の利用者には不便となっていた.このため,車イスやベビーカー利用者に加え,大形スーツケース利用者の増加が見込まれる中で,利便性・快適性を向上させるため,東京駅改札内にエレベータを5基増設する.
 エレベータは,横須賀線・総武線(快速)へのおもな乗換経路である丸の内側中央部(地下1階⇔1階)に1基(11人乗り),山手線・京浜東北線・上野東京ラインのホーム付近の中央通路と北通路の間 (地下1階⇔1階⇔ホーム階)に3基(24人乗り),新幹線北乗換口前(地下1階⇔1階⇔新幹線北乗換口)に1基(15人乗り)を設置し,2020年夏までに順次使用を開始する予定.

掲載