長良川鉄道でナガラ502「川風号」+ナガラ302「鮎号」運転

access_time
2018年9月3日掲載
長良川鉄道でナガラ502「川風号」+ナガラ302「鮎号」運転

長良川鉄道では,2018(平成30)年9月2日(日),ナガラ502「川風号」+ナガラ302「鮎号」を連結した2両編成が運転されました.
 これは,ナガラ302「鮎号」を使用した『観光列車「ながら」2号ランチプラン』とナガラ502「川風号」を使用した『観光列車「ながら」川風号ドルチェプラン』が同時に催行されたことから実現したものです.
 ナガラ301「森号」は9月・10月中は検査のため運用から離脱していて,10月の『観光列車「ながら」ビュープラン』はナガラ502「川風号」が使用される予定です.ナガラ302「鮎号」の方は,11月・12月に検査に入り,『観光列車「ながら」ランチプラン』の設定はありません.

写真:郡上八幡にて 2018-9-2
投稿:宇佐美 昭展