×

EF210-8,72列車の次位無動力で吹田へ

access_time
2018年8月22日掲載
EF210-8,72列車の次位無動力で吹田へ

JR貨物では,岡山機関区所属のEF210-8が四国内で運用中に何らかの不具合が生じたようで,高松貨物ターミナルでしばらくの間留置されていましたが,2018(平成30)年8月21日(火)に72列車(高松貨物ターミナル—大阪貨物ターミナル間)の次位無動力で吹田機関区へ回送されました.
 72列車は2018(平成30)年3月に実施されたダイヤ改正で,けん引機が新鶴見機関区所属のEF65形に変更され,日中に関西地区をEF65形PF機が通過することで注目されていますが,この日は同機関区所属で国鉄特急色を保つEF65 2068がけん引し,無動力ながらもEF210形との重連が見られました.

写真:塚本信号場—宮原(操)間にて 2018-8-21
投稿:高木 善晴