東急,田園都市線南町田駅を改称へ

東急,田園都市線南町田駅を改称へ

東京急行電鉄では,田園都市線の南町田駅について,駅名を改称すると発表した.
 改称後の駅名は「南町田グランベリーパーク駅」で,2019年秋に予定されている「南町田グランベリーパーク」のまちびらきにあわせて改称を行なう.駅名改称には,新しいまちの名称の認知度向上に加え,地域住民に対するまちへの愛着醸成や,駅に降り立った瞬間に利用者が新しいまちに来たことを実感してほしい,との思いが込められている.
 また,駅名改称にあわせて,現在土休日のみであった同駅への急行列車の停車は,平日を含めた全日対象することで,さらなる利便性向上を図るほか,エスカレーターやホームドアの設置や,南北自由通路の整備など駅施設の大形改修を実施する.改称実施時期は2019年度中を予定し,平日の急行停車の実施時期などとあわせて追って詳細が発表される.
 なお,「南町田グランベリーパーク」内の「パークライフ・サイト」 には,アメリカ・カリフォルニア州にある「チャールズ M. シュルツ美術館」の世界で唯一のサテライトミュージアム(分館)や,「スヌーピーミュージアム」も開館を予定している.

写真:新しくなる「南町田グランベリーパーク駅」イメージのイメージ(東京急行電鉄のニュースリリースから)