JR東海,313系を使用した「名古屋おもてなし武将隊®」ラッピング車両を運転

JR東海,313系を使用した「名古屋おもてなし武将隊®」ラッピング車両運転

JR東海では,2018(平成30)年10月から12月までの間,愛知県と共同で開催する「愛知デスティネーションキャンペーン」にあわせて,「名古屋おもてなし武将隊®」ラッピング車両を運転すると発表した.
 車両は中央本線で運行している313系8000番台(3両編成)を使用する.車体には,「名古屋おもてなし武将隊®」のうち,三英傑(織田信長・豊臣秀吉・徳川家康)を各車両にデザインする.また,愛知県内の有名観光地や愛知DCのロゴマークもデザインし,キャンペーンを広くPRする.
 期間中は,「愛知デスティネーションキャンペーン」開催を記念した観光列車に使用し,車内での「おもてなし」を実施する.運転区間は,おもに愛知県内のJR線を運行するほか,愛知環状鉄道線に乗り入れる.なお,観光列車を運転しない日は,中央本線の定期列車にも使用する.
 ラッピング車両を使用する観光列車の運行区間,時刻などの詳細は,2018(平成30)年8月下旬に発表される予定.

写真:JR東海のニュースリリースから

掲載

鉄道ファン2019年2月号