富士フイルム「FUJIFILM XF10」を8月23日に発売

富士フイルム「FUJIFILM XF10」を8月23日に発売

富士フイルムは,独自の色再現技術で卓越した写真画質を実現するデジタルカメラ「Xシリーズ」の最新モデルとして,プレミアムコンパクトデジタルカメラ「FUJIFILM XF10」を2018(平成30)年8月23日(木)から発売します.
 約280gの小形・軽量ボディに,ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-T100」などで採用している,2424万画素の大形APS-Cサイズセンサを搭載.高い操作性も備えており,気軽に高画質な写真撮影を楽しむことができます.撮影の基本操作を簡単に行なえるようにボタン・ダイヤルを配置.背面液晶モニタには,直感的な操作が可能なタッチパネルを採用し,シンプルで快適な操作性を実現します.また,明るい開放F値2.8,焦点距離18.5mm(35mm判換算:28mm相当)の広角フジノンレンズを搭載しており,日常のスナップ撮影や旅先での風景撮影に最適です.
 Bluetooth®に対応しておりスマートフォンやタブレット端末との常時接続を実現.撮影した画像を簡単・即時に自動転送することができ,SNSを通じてお気に入りの写真をその場でシェアできます.さらに,Instagramなどで親しまれているスクエアフォーマットでの撮影も可能となっています.また,4K動画撮影をはじめとする充実の撮影機能で,静止画撮影のみならず動画撮影にも最適です.
 ボディカラーはシャンパンゴールドとブラックの2種で,希望小売価格はオープン価格(メーカー直販公式ショップ「フジフイルムモール」における7月24日時点での販売価格は59500円+税)となっています.

ご案内:富士フイルム製品情報

掲載

鉄道ファン2018年10月号