DD51形がDF200形の仕業を代走けん引

DD51形がDF200形の仕業を代走けん引

JR貨物では,老朽化が進む愛知機関区所属のDD51形を置き換えるため,北海道地区で使用されていたDF200形を仕様変更の上で,同区へ配置転換を進めています.同区が受け持つDF200形の仕業は,A201からA205まであります(鉄道貨物協会発行・貨物時刻表参照)が,このうち石油製品輸送用タンク車を往復ともけん引する,A201仕業(稲沢〜8075列車(空車・返空)〜塩浜〜6286列車(積車・発送)〜稲沢)を現在,DD51形が代走しており,注目を集めています.また,塩浜からの6286列車で積車・発送がある場合,8075列車,6286列車ともDD51形重連でのけん引となっています.写真は積車・発送車がある場合の6286列車をDD51形が重連でけん引している場面です.

写真:塩浜—四日市間にて 2018-7-23

掲載