山陰本線京都—丹波口間の新駅名称は「梅小路京都西」駅

山陰本線京都—丹波口間の新駅名称は「梅小路京都西」駅

JR西日本は,山陰本線(嵯峨野線)京都—丹波口間に新設される駅の駅名について,「梅小路京都西(うめこうじきょうとにし)」に決定したと発表した.
 新駅は,2019年春に京都駅から約1.7km,丹波口駅から約0.8kmの位置(京都市下京区観喜寺町)に新設される.
 駅名については,駅付近の「梅小路公園」が周辺地域を象徴する存在として地域住民に親しまれており,「梅小路」の名称は,京都市の駅名公募結果においてもキーワードとして最多数であった.また,京都駅の西側約1.7kmに位置し,京都観光の新たなサブゲートとなることから「京都」「西」を付与した名称とした.
 駅舎デザインは,「梅小路公園および京都駅西部エリアにある観光の玄関口の駅として,地域との連携を育むデザイン」を基本コンセプトとした.駅側面は,京都の町並みの「縦格子(たてこうし)・縦縞(たてしま)」,京友禅の反物「縦長矩形(たてながくけい)」を想起させる形態とし,駅改札口付近には工芸品などに用いられる「梅柄光琳梅(うめがらこうりんばい)」の形状を引用した.駅舎が公園と調和し地域のシンボルとなるようにホームの外壁や入口部を曲面にするとともに,京都らしい色彩計画を取り入れた駅デザインとした.
 駅構造は高架下駅舎とし,相対式ホーム(延長165m,幅3.0m~6.7m)とエレベータ(2基),エスカレータ(4基),自動改札4通路,券売機2台,みどりの券売機1台を設置予定.また,ホーム上の安全設備として,可動式ホーム柵,非常ボタン,ホーム監視カメラも整備する.
 さらに,新駅から七条通北側への回遊性を高めるため,廃止された短絡線を利用した横断歩道橋を整備する.雨にぬれることがなくアクセスできるようにするため,屋根を設置するほか,エレベータを2基設置し,バリアフリー化を図る.また梅小路公園についても,新駅に隣接する七条入口広場の歩行者空間を整備するとともに,新駅により影響が生じる大形バス駐車場を,効率的かつコンパクトに再整備する.

写真:梅小路京都西駅のイメージパース

掲載

鉄道ファン2018年10月号

鉄道ファン2018年10月号(通巻690号)
発売日:2018年8月21日
定価(本体1046円+税)