名鉄100系212編成が広見線で試運転を実施

名鉄100系212編成が広見線で試運転を実施

名古屋鉄道では,2018(平成30)年7月9日(月),100系212編成が試運転列車として広見線犬山—新可児間を1往復しました.前面および側面方向幕は漢字表記のみの「試運転」でした.
 地下鉄鶴舞線直通用の100・200系は広見線では定期運用を持っておらず,近年では定期列車の代走として急きょ運用に入る姿が時々見られるだけとなっており,同線内を走行するのは珍しいものと思われます.

写真:日本ライン今渡—新可児間にて 2018-7-9

掲載

鉄道ファン2018年12月号