443系が日豊本線北部を検測

443系が日豊本線北部を検測

2018(平成30)年7月8日(日),JR西日本吹田総合車両所京都支所所属のクモヤ443系(クモヤ443-2+クモヤ442-2)が,JR九州の日豊本線小倉—大分間を検測走行しました.
 7月初旬に九州入りしたクモヤ443系ですが,筑肥線(唐津線)西唐津—姪浜間での検測前に,浜崎—鹿家間で豪雨による土砂災害が発生し,走行できなくなったため,筑肥線の検測を中止したうえで日豊本線に入ったものと思われます.
 なお,翌7月9日(月)には,大分地区から宮崎地区への検測に出発しています(写真).

写真:大分にて 2018-7-9

掲載

鉄道ファン2019年1月号

鉄道ファン2019年1月号(通巻693号)
発売日:2018年11月21日
特別定価(本体1139円+税)