鉄道博物館の新館がオープン

鉄道博物館の新館がオープン

鉄道博物館では,2018(平成30)年7月5日(木),本館南側に建設された新館がオープンしました.鉄道に関する仕事を体験したり,歴史を学んだりできる「仕事ステーション」,「未来ステーション」,「歴史ステーション」の展示室で構成され,子どもから大人まで楽しめる施設となっています.新館1階「仕事ステーション」では,日本初の営業最高速度,時速320キロを実現した,E5系新幹線電車のモックアップ(グランクラス車両)と,日本初の新在直通運転を可能にした山形新幹線400系新幹線電車の実物が展示されています.そのほか,車掌の仕事を体験できる「車掌シミュレータ」が新設されました.

鉄道博物館の新館がオープン

新館2階「仕事ステーション」では,北海道・東北新幹線"はやぶさ"などに使用されているE5系の運転シミュレータが新設され,実際の走行時の映像を見ながら最高時速320キロが体感ができます.在来線運転シミュレータには,E233系シミュレータが追加されています.また,本館リニューアルでは,2階に「てっぱくシアター」が新設されました.専用の3Dメガネを装着し,迫力と臨場感のある映像を体感することができます.

写真:鉄道博物館にて 2018-7-5
投稿:舛掛 尚則

掲載

鉄道ファン2018年9月号

鉄道ファン2018年9月号(通巻689号)
発売日:2018年7月21日
特別定価(本体1139円+税)