特急“大雪”にキロ182-9が連結される

特急“大雪”にキロ182-9が連結される

JR北海道では,2018(平成30)年6月8日(金),特急“大雪”3号にキロ182-9が連結されました.先日のハイデッカーグリーン車が使用されたのと同じく,何らかの理由でキロハ182形が使用できないため組まれた,突発的な編成と思われます.なお,同日の“オホーツク”1号,“大雪”4号も同じ編成で運転されています.
 2両目を増結3号車とした計5両編成で,函館方からキハ183-1502+キハ183-406+キロ182-9+キハ182-413+キハ183-1556(すべて苗穂運転所所属)で運転され,先日のハイデッカーグリーン車使用編成から一部差し替えが行なわれたものと思われます.
 なお,同日は,宗谷本線系統で運用されるキハ261系0番台に車両不具合があったようで,下り“宗谷”と“サロベツ”4号→3号をキハ183系が代走しています.こちらは先日の代走とは異なり,グリーン車なしの4両編成で運転されました.なお,編成前後のヘッドマークは,どちらも「特急」表示となっていました.

写真:旭川にて 2018-6-8

掲載