EF67 101がEF210形300番台の仕業を代走

EF67 101がEF210形300番台の仕業を代走

JR貨物では,2018(平成30)年6月6日(水)から,7日(木)にかけて,広島車両所所属のEF67 101が,所定ではEF210形300番台の仕業に充当され,代走している姿が見られました(写真は,1068列車の後部補機として西条駅に到着の場面).
 急こう配で知られる,山陽本線 瀬野—八本松間(通称・瀬野八)において,貨物列車の後部補機仕業を担い,老朽化にともなう淘汰が進むEF67ですが,現時点では,101,102,105号機が活躍しています.

写真:西条にて 2018-6-6

掲載

鉄道ファン2018年10月号

鉄道ファン2018年10月号(通巻690号)
発売日:2018年8月21日
定価(本体1046円+税)