東武20000系21810編成が渡瀬へ

東武20000系21810編成が渡瀬へ

東武鉄道では,2018(平成30)年6月4日(月),南栗橋車両管区春日部支所所属の20000系21810編成が北春日部から渡瀬(資材管理センター北館林解体所)まで回送されました.
 このうち,両先頭車(クハ21810・クハ28810)を含む一部車両については,南栗橋車両管区館林作業所(津覇車輌工業)にて現在行なわれている,日光線系統向け短編成化改造の種車として使用されるものと思われます.

写真:渡瀬—資材管理センター北館林解体所(—田島)間にて 2018-6-4

掲載

鉄道ファン2018年8月号