只見線で『復興支援うたごえ列車』運転

只見線で『復興支援うたごえ列車』運転

JR東日本只見線では,2018(平成30)年5月27日(日),『復興支援うたごえ列車』が運転されました.
 この列車は,地元実行委員会が企画・立案し,うたごえの本場「新宿ともしび」の演奏スタッフを招いて,本格的に行なわれました.JR東日本 郡山総合車両センター・会津若松派出所所属のキハ40 2141+キハ40 2086の2両が使用され,会津坂下—会津川口間で運転されました(帰路は,会津中川からの乗車).
 県の補助を受けた事業で,3年計画で実施されるもので,2019年・2020年にも運転される予定となっています.今回は,ヘッドマークなどの掲出はありませんでしたが,実行委員会では,次回以降,取付けを計画しています.

写真:会津川口にて 2018-5-27

掲載

鉄道ファン2018年9月号

鉄道ファン2018年9月号(通巻689号)
発売日:2018年7月21日
特別定価(本体1139円+税)