JR東日本,上野—大宮間の所要時間短縮に向けた工事に着手

JR東日本,上野—大宮間の所要時間短縮に向けた工事に着手

JR東日本は,新幹線 上野—大宮間の所要時間の短縮に向けて,埼玉県内で最高運転速度を現行110km/hから130km/hに引き上げるため,2018(平成30)年5月下旬から,騒音対策などの必要な地上設備の工事に着手すると発表した.
 戸田公園—戸田間,戸田—北戸田間,南与野—与野本町間の一部区間(計約2km)において吸音板の設置,戸田—北戸田間,南与野—与野本町間,与野本町—北与野間の一部区間において防音壁かさ上げを行なうもので,工事期間は,2018(平成30)年5月下旬から2年程度の予定.
 最高運転速度の向上により,最大1分程度所要時間が短縮されるが,具体的な速度向上開始時期,ダイヤ,列車の設定などについては未定となっている.

写真:最高運転速度が向上される区間の概略(JR東日本のニュースリリースから)

掲載

鉄道ファン2018年7月号