土居原ボンネット広場で『修復作業完了記念 ボンネットお披露目会』開催

土居原ボンネット広場で『修復作業完了記念 ボンネットお披露目会』開催

土居原ボンネット広場では,2018(平成30)年4月29日(日祝)に『修復作業完了記念 ボンネットお披露目会』が開催されました.
 展示されている小松市所有のクハ489-501は,展示開始以来初めての大規模な車体補修が2017(平成29)年12月から行なわれていましたが,再塗装を終えて再び車内開放が始まることと,展示開始5周年の日を記念して開催されたものです.
 今回初めて,5インチ規格で1/8.4スケールのC62形などのミニSLやミニELが展示されて子ども達に人気だったほか,撮影会などに使用されているボンネットヘッドマークや本物の連結器カバーの屋外展示もあり,大ぜいの参加者でにぎわいました.

写真:土居原ボンネット広場にて 2018-4-29

掲載

鉄道ファン2018年7月号