小田急,2021年春に「ロマンスカーミュージアム」を開業

外観イメージ

外観イメージ

「ロマンスカーミュージアム」は海老名電車基地に隣接する

「ロマンスカーミュージアム」は海老名電車基地に隣接する

小田急電鉄は,「ロマンスカーミュージアム」を2021年春に開業すると発表した.
 「ロマンスカーミュージアム」は,小田原線海老名駅に隣接する神奈川県海老名市めぐみ町に設置されるもので,「“子ども”も“大人”も楽しめる鉄道ミュージアム」をコンセプトとした,鉄骨造地上2階建となる.

小田急,2021年春に「ロマンスカーミュージアム」を開業

 1階には,歴代の特急ロマンスカーの展示,開業時の車両と小田急の歴史展示,イベントスペース,レストスペースが設置される.展示車両は,ロマンスカー3000形「SE」,3100形「NSE」,7000形「LSE」,10000形「HiSE」,20000形「RSE」,モハ1となる予定.

ジオラマイメージ

ジオラマイメージ

キッズゾーンイメージ

キッズゾーンイメージ

 2階には,小田急沿線の風景を模したジオラマ,電車運転シミュレータ,子どもが自由に遊べるキッズゾーン,カフェ,グッズショップが設置される.
 屋上には,小田急線を走行する列車の眺望を楽しめる,屋外ビュースポットが設置される.
 開業予定地は,鉄道の重要拠点である海老名電車基地と,新たにエリア開発が進む「ViNA GARDENS」にも隣接することから,小田急では,小田急線開業以来初となる鉄道ミュージアムの建設により,小田急線の歴史を後世に伝えていくとともに,新しく誕生する街のシンボルとして,新たなにぎわいを創出するとしている.

写真:小田急電鉄のニュースリリースから

掲載

鉄道ファン2018年9月号